麻酔科 一覧

シバリングとシェイキングはどう違う?

研修医の頃によく言われたんですよ。 「発熱患者を診たら悪寒戦慄(shaking:シェイキング)があったかどうかを聞きなさい」って。 これは勿論ちゃんと理由があって、ただの悪寒(寒気)ではなく悪寒戦慄があった場合、細菌感染による菌血症としての特異度が非常に高いからです。 The degree of chil...

記事を読む

ダブルルーメンチューブ基本のお話

呼吸器外科手術など、片方の肺を潰さないと手術が出来ない時、わざと片肺換気の状態を作るために使用されているのがダブルルーメンチューブ(DLT)と呼ばれる挿管チューブになります。 DLTは1本の挿管チューブの中身が2本に分かれていて、片方は気管分岐部上、もう一方は気管支まで挿入してそれぞれのカフを調整することで片肺換気の...

記事を読む

レミフェンタニル急性耐性の話

レミフェンタニル=アルチバは麻酔科医ならお世話にならない日はないくらい、大事なお薬です。 そんなアルチバさんですが、先日自分が担当した症例で1γくらいの高用量投与中、急に全く鎮痛効果がなくなってしまった症例がありました。 そんなわけで気になって調べてみると、アルチバさんの急性耐性や痛覚過敏に関する報告や文献は思...

記事を読む

スポンサーリンク
広告336
広告336